日本人作NFTアート「GenerativeMasks」とは何か、徹底解説!

NFTアート

日本人アーティストによるGenerative Masksについて詳しく知りたいと思いませんか?

本記事では日本人作のNFTでトップレベルに取引量の多いGenerative Masaksについてその製作者と市場規模、今後の展望について詳しく解説します。

もし興味出たなら購入してみるのもいいかもしれませんよ?

NFTアートとは

簡潔に言うとNFT(非代替性トークン)アートとは資産価値のもったデジタルアートのことを指します。

従来であればツイッターやブログなどに公表したイラスト、作品はだれでも簡単にダウンロードして自身のPCやスマホに保存できますよね。

しかしNFTは複製のできない唯一無二の作品として資産価値が付加されているので、購入したNFTをまた他の誰かに売ったりというようなことが可能になります。

Generative Masksとは

Generative Masksはジェネレーティブアートによって製作された仮面のNFTアート作品です。

ジェネレーティブアートとはコンピュータを使って数学的、幾何学的なアートを作り出す手法または作品のことで、作品を見ると非常に統率された雰囲気を感じることができると思います。

Generative Masks 公式サイト

2021/8/17に1点あたり0.1Eth(イーサ)で1万点が出品され2時間で完売し話題となりました。

8/17時点においてのEthの価格は36万円程なのでGenerative Masksによって約3憶6000万円が半日で動いたことになります。すごいですよね..

クリエイター

このプロジェクトには現在以下3名の日本人クリエイターが関わっています。

Takao(高尾俊介)

甲南女子大学にて講師をなされている一方で、クリエイティブコーダー(プログラミングができるクリエイター)としても有名な方です。以下紹介文を引用させていただきます。

1981年熊本県出身.クリエイティブコーダー.2011年SNS上でIT用語と駄洒落による言葉遊びを競う「#takawo杯IT駄洒落コンテスト」を個人主催する.2019年,プログラミングを日々の生活や来歴,風土や固有の文化と結びつけるための活動としてデイリーコーディングを提唱,現在も実践している. 2021年,NFTアートプロジェクト「Generativemasks」を発表,発売から2時間あまりで1万個完売するなど話題となった.Processing Community Japan所属. 第25回文化庁メディア芸術祭アート部門選考委員

http://cenkhor.org/より

Toshiaki Takase(高瀬俊明)

TART代表取締役、ISSHO代表取締役、株式会社アスクリード執行役員を務めており、クリエイターの持続可能な創作活動を支援するという理念の基、活動なされている方です。

ブロックチェーン技術を用いたクリエイティブな作品を発信し続け、創作分野全体の発展を目指している方のように感じます。

気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか?

wild mouse

参加メンバーのなかで一番謎に包まれているのがwild mouse氏です。

twitte上にしか情報がございませんがブロックチェーン/フルスタックエンジニアというプロフィールの記載があります。

フルスタックエンジニアというのは、通常プロジェクトの多くは様々な分野の専門家が集まり行われるものですが、複数の分野に専門性を持ち単独でシステムの開発運用ができる技術者のことを指します。

つまりwild mouse氏はブロックチェーンにおいての様々な分野に精通した技術者ということがわかると思います。

市場規模

2021/11/21現在、open seaにて1万点のアイテムが出品されており3600人の所有者が存在します。

最低価格は0.07Eth(35000円)で、全期間における取引高は2800Eth(14億円)となっています(2021/11/21時点のEthレートを参照)。

販売価格が0.1Ethだったので多少価格は落ち着いてきているかなといった印象ですが、今後の推移には要注目といえるでしょう。

https://opensea.io/collection/generativemasks参照

今後の展望

公式サイトによると今後のロードマップとして以下を上げています

  • メタバース空間であるDecentraland上に土地を購入し、ギャラリーを作り作品を展示したり、マスク(仮面)をアバターにつけてもらうこと
  • マスクの作品集や木彫りのマスクの作製

メタバースの分野が発展すれば、現実世界でブランドものの服や時計が高く取引されているように、GerenativeMasksが有名ブランドとして多くの人に認知される日も来るのかもしれません。

コメント