Braveを使えばYoutube Premiumに入る必要はない?機能の差を徹底比較!

Brave

広告を削除してくれるWebブラウザ「Brave」を使えばYouTube Premiumに入る必要はないのではないか、とお思いの方はいらっしゃいませんか?

今回は両方を使った筆者の経験から、BraveとYouTubePremiumの機能を比較、検証した結果をご紹介します。

本記事を読んだらYouTubePremiumにすでに加入している人は、今一度考え直してみることが選択肢に入ってくるかもしれません。

広告削除機能

YouTubePremium加入の最大の決め手はこの機能であるという方は多いのではないでしょうか?

かく言う私も無料体験を試したら広告なしの状態が快適すぎてそのままお金を払って使い続けており、まんまと策略通りという感じでした。

しかしYouTube Premiumに加入していなくてもBrave経由でYouTubeを開き、動画を視聴すれば広告は流れてきません。

なので広告削除の機能の点では両者同様の機能があると言え、サブスク加入のメリットはないように感じました。

オフライン再生機能

オフライン再生とは動画を使用している端末に保存して、ネット環境がない状態のオフラインでも再生できる機能のことです。

飛行機に乗る機会が多い方や長時間のお気に入りの動画がある方はパケット通信料を気にせず動画が楽しめるので重宝する機能かもしれません。

YouTubePremiumでは動画を最大30日間個人のデバイスに保存してオフライン再生を楽しめます。

一方Braveでも同様に動画の保存が可能で、しかも現状保存期間に制限はもうけられていません

私はこの機能の利用頻度は高くないのですが、Braveの場合YouTubePremiumの制限が取っ払われているのでこの機能に関してもBraveに軍配が上がるでしょう。

バックグラウンド再生機能

バックグラウンド再生機能とはYouTubeではない他のアプリを開いているとき、画面をロック(電源ボタンを押して画面を暗くする)していても動画が再生される機能のことです。

YouTubeで流れる動画(音声)を聞きながらニュースをチェックしたし、気になったことをぐぐったり、SNSを見たりと利用されている方は多いのではないでしょうか?

YouTubePremiumではオフライン再生のために保存した動画だろうが保存していない動画(おそらく視聴の大半だと思われる)だろうがバックグラウンド再生ができます

しかしBraveの場合は保存した動画のみバックグラウンド再生ができ、してないものは再生ができません

この機能は使用者が多いのと思われますので、サブスク加入での恩恵は大きのではないでしょうか?

YouTube Music/Originalの有無

YouTubeMusicとはYouTube公式の音楽アプリ、OriginalはPremium加入者のみが見られる少しスペシャルな動画です。

当たり前といえば当たり前ですがBraveを用いてもこれらのアプリ、動画は利用できません

よってこれらのサービスを頻繁に利用している人は加入のメリットがあると言えるでしょう。

ユーザビリティ:使いやすさについて

使いやすさに関しては圧倒的にYouTubePremiumの勝利と言えます。

というのもBraveはWebブラウザなので、広告削除の恩恵を受けようと思ったらアプリではなくブラウザを経由してYouTubeを開く必要があります。

そのため使いづらい点が複数存在しますのでBrave使用のデメリットを以下に紹介します。

YouTubeまでのアクセスの工程が増える

皆さんいつもスマホでYouTubeを見るときブラウザでYouTubeと検索してそこから動画を見ていますでしょうか?

多くの人はそんなことはせずホーム画面にある赤と白の三角マークのボタンからアプリを開いて動画を視聴しているのではないかと思います。

BraveとはWebブラウザなので広告削除の恩恵を受けようとしたら一度ブラウザ開いて、お気に入り登録などをしているYouTubeを開く必要があり、アクセスまでの工程が一段階増えることになります。

それくらいなら気にならないとお考えかもしれませんが使用頻度が高い、見ない日はないというような人ににしたら煩わしく感じる点かもしれません。

画面回転ロック時、全画面いっぱいに表示がされない

アプリからYouTubeを開けば画面回転をロックしていても、全画面表示ボタンを押せば画面いっぱいに動画が表示されますよね?

これもwebブラウザからYouTubeを開くときの弊害で画面回転ロック状態で全画面表示した時、枠いっぱいに動画が表示されません。

画面いっぱいに表示させるには画面回転オンにしてスマホを横向きにする必要がありますが、スマホを持つ手の角度で画面がぐるぐるしてしまうという欠点があります。

これは広告なしの恩恵を受けるためWebブラウザとしてBraveを使用し、ブラウザ経由でYouTubeを視聴しようとすればついて回る問題となります。

まとめ

それではここでBraveYouTubePremiumとの比較をまとめてお示しします。

BraveにもYouTubePremiumでもできること

  • 広告削除
  • デバイスに動画を保存してオフライン再生(YouTubeは期限付き)
  • 保存した動画のバックグラウンド再生

Braveにしかできないこと

  • 期限なしの動画保存、オフライン再生

YouTube/YouTubePremiumにしかできないこと

  • 通常視聴時のバックグラウンド再生
  • YouTube Musicの利用、Original動画の視聴
  • 画面ロック時の画面いっぱいの全画面表示
  • YouTubeまでのアクセスがはやい
  • その他今後のサービスの追加(他アプリ使用時のピクチャインピクチャの追加など)

最後にあげたYouTube/YouTubePremiumしかない特典に月1180円の価値があるのかという判断を個人個人すべきだと思います。

自分のニーズにあった最適なサービスを利用してベストな動画視聴ライフを送れるように心から願っています。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント