Bitcoinクジラとは?正体は誰なのか、徹底解説!

仮想通貨

仮想通貨を保有するうえで知っておかなければならないこと、それがBitocoinクジラと呼ばれる存在です。

今回はそもそもBitcoinクジラって何?というところから、一体誰がそのように呼ばれる存在なのか具体的な名前を出して紹介していきます。

Bitcoinクジラについての理解を深めてより良い仮想通貨ライフをエンジョイしましょう!

Bitcoinクジラとは?

Bitcoinクジラとは仮想通貨であるBitcoinを大量に保有している個人または機関のことを指します。多くの通貨を持っているが故に、その通貨価格を操作するポテンシャルを秘めています。

命名の理由とは海では巨大な生物であるクジラが生み出す流れに小魚は右往左往しますよね。それと同じことが仮想通貨の市場でも起きているということです。

Bitcoin大量保有者の売買によって価格が乱高下し、少額保有者が狼狽するという現象は仮想通貨に限らず見られることですが、仮想通貨においてはクジラという名称が作られるほどその傾向が強いということです。

総Bitcoin量の18%が100人の財布の中に入っている

https://bitinfocharts.com/top-100-richest-bitcoin-addresses.html

驚くべきことに全Bitcoin中の18%である約19兆円(2021/11時点でのレート)が100口座の中に入っています

加えて全Bitcoin中の3%である4兆円3つの口座の中に入っていることが分かっています。

全Bitocoin保有者数の内25%である1000万人の口座は7000円~7万円分のBitcoinを保有しているようですが、その合計の額は2588億円で3人の持つ4兆円に遠く及びません。

15%である600万人は7万~70万円分のBitcoin保有していますがその合計額は1兆3500億円であり、これもたった3人の持つ4兆円に足りないです。

つまり1600万人が価格が上がると感じてBitocoinを買っても、たった3人が売っていたら価格は下落するということですね。恐ろしい・・・

Bitcoinクジラはだれか

Bitcoinは本名で取引する必要はないので確実なことはわかりませんが、取引にはアドレスが残るのである程度推測が立つようです。

では何人かクジラではないかと噂されている人物を数人ご紹介します。

中本聡(Craig Wright?)

ビットコインの開発者として知られている中本聡氏ですが、その存在は闇に包まれており詳しいことはわかっていませんが、現在その最有力候補としてCraig Wrightが注目されています。

Craig Wrghtはオーストラリア人のビジネスマンであり、友人のDave kleimanの協力を得てBitcoinを開発したと主張しています。

しかし2019年にkleimanは Craig Wright に110万Bitcoinをだまし取られたとして訴訟を起こしています。

中本聡の正体をめぐるエピソードはそれだけで小説が書けるような複雑な話でありますが、Craig Wrightが100万単位のBitcoinを保有しているクジラの一人である可能性は高いと思われます。

Winklevoss(ウィンルクルボス)

アメリカ人投資家、起業家であるキャメロン・ウィンルクボスとタイラー・ウィンルクボスの双子が、10万bitcoinを保有しているという推定をフォーブスが行っています。

さらに過去には北京オリンピックにボートで出場し6位入賞という好成績を収めており、まさに文武両道の人物です。

ウィンクルボスの両名を題材にした映画「The social network」も制作されています。

Tim Draper(ティム・ドレイパー)

ティム・ドレイパーはベンチャーキャピタリストであり大学の創設もしているアメリカ人です。

彼は最初期よりBitocoinに目をつけており1BTC当たり6ドルで計42000BTC購入したようです。現在の価値で言うと2940億円ですね・・・。しかし保管していた取引所がハッキングに合い、そのすべてを失ったと報告されています。

その後2014年の7月、アメリカの連邦保安局が麻薬密売などの犯罪に使われていたBitcoinを押収し、それをオークションにより販売したところ40人の参加者の中からティムドレイパーが1800万ドルで約30000BTCを勝ち取りました。

2021/11月時点において30000BTCは1億8000万ドル価値があり10倍の利益が出ていることになりますね。すごい・・・

Barry Silbert(バリー・シルバート)

バリーシルバートはベンチャーキャピタルであるDegital Currency Groupの創始者兼CEOです。

2016年にはBitcoinのニュースで有名なメディアCoindeskを買収しオーナーとなりました。

彼もティム・ドレイパーと同様に連邦保安局のBitcoinオークションにて約1660万ドルで48000BTCを勝ち取り、クジラの仲間入りを果たしました。

現在の価値に換算すると2億9000万ドルという庶民からしてみると考えられない金額を手にしています。

まとめ

流通しているBitcoinの多くがアメリカの投資家などのクジラによって保有されていることがわかりましたね。

実際に取引するときは彼らの動向を注視するべきかもしれません。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント